上海夜想曲

akikohori.com

2015年の後半はサファイアプリンセスにて、中国チャーター便のお客様を上海の港からお迎えする巻でした。

テレサテンが遺してくれた素敵な歌を20曲は用意して、もちろん全中国語で用意しました。

私が小学生だった頃、ミステリアスなオリエンタルディーバは哀愁漂う歌を唄って日本で人気を博していました。おぼろげながらにも聡明で知的な人という印象を今でも覚えています。昭和の時代にテレサテンを聴かなかった日はないくらい、昭和歌謡になくてはならないアジアの歌姫でしたよね。

テレサテンの凄いところは、日本歌謡曲ゴールデン時代の大ヒットソング、そして彼女自らの大ヒットソングを中国語の歌詞でカバーをして中国で同じ様に大ヒットさせていたという事実!

当時は、お互い両国の交流は閉ざされていて、今程オープンではない時代。そんな時代に昭和歌謡を中国にドヤ顏な勢いで大量輸出していたというのは素晴らしい功績ですよね。

船上で中国人のどのお客様にお尋ねしても、老若男女問わずいまだ彼女のカリスマと人気度は不動の地位を維持していて驚くばかりでした。ミステリアスなオリエンタルディーバは、没後20年以上が経った今でも、天国からアジアを支配しているのかも!?

100%中国人乗船率の客船で演奏した期間に、彼女の歌なくしては私のステージは存在しない、あり得ないことでした。それ程に、いまだ彼女の歌は中国人の心を鷲掴みにして離さないのです。

テレサマジックによって中国語の歌詞と題名に置き替えられた日本の歌たちには、例えば当時の千昌夫さんや前川清さん、石川さゆりさん、果てはアンルイスさん等々の歌が中国語の歌になっていてそれだけでも興味そそられる曲ばかりでした。中国語と日本語の歌詞を一曲の中で言葉を入れ替えてみたり、楽しんで歌うとそれがお客様に伝わっていき、ステージの盛り上がり度がいつもよりもっと熱くなる瞬間が沢山ありました。同じメロディーの中で二ヶ国語がかわるがわる行き来するのがおもしろいと、お客様には大変好評でした。そんな連帯感とともに、日中友好を楽しんだ日々でした。テレサテンさんは、 アジア人相互関係の…平和と愛のミューズと呼ぶに相応しい歌手だと中国の方々にこの仕事を通して教わりました。

これからも彼女の素晴らしい功績と歌を語り継いで行きたいものです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。