今回私が制作したアルバム Shonan Twilight?をカテゴリーに分けると、日本のマーケットであれば従来からあるクラック音楽に主に入れて頂いており正統派のクラシック音楽と混合でプレイリストなどにも組み込まれたりしています。ヒーリングミュージックや環境音楽という日本ならではのカテゴリーであったり、その他ではイージーリスニングなどにも当てはまるそうです。

今は音楽が配信で発展するのが主流となりつつある時代。?海外マーケットとなると、ここ最近特にヨーロッパを中心に従来からある本家、Classical Music(クラシック音楽)に新しい手法を駆使して洗練度を持たせたスタイルが好まれる傾向があります。新しくカテゴリーとして定着しつつあるのが、?Modern Classical Music ( モダンクラシック音楽)です。デジタル化が進化したことでマーケットの幅を拡大しつつある音楽分野と言えます。私のアルバム Shonan Twilightも発売当初からこのカテゴリーを好むファン層の方々からじわじわとご愛聴頂いております。??

Modern Classical Music ( モダンクラシック音楽)は、正統派クラシックのサウンド感をベースにしながらも、自然効果音が入ったり意外な編成でサウンドが新鮮 で耳に浸透しやすく今を忙しく生きる人々の生活に寄り添うサウンドです。総合的には正統派よりももっとシンプルな音の響きにまとめているので落ち着いて?耳に入りやすいという印象を与えます。

イージーリスニングや日本で言われるヒーリングミュージック、ジャズの要素まで今世紀に存在する全てのサウンドのいいところどりをして正統派に混ぜ合わせて全く新しいものにしたのが私バージョンのModern Classical Music ( モダンクラシック音楽)と言えます。

それゆえに、癒される音楽として人気があるカテゴリーになりつつあるのかもしれませんね。

私がModern Classical Music ( モダンクラシック音楽)を面白い!?自分の作品として取り入れたい手法と最初に思ったのは、昨年の?世界一周航海演奏の旅?⚓️の折に立ち寄った?地中海の国々で出会った人々を通して知ったのがきっかけでした。

それ以来、今までこの音楽を更に探求して自分の独創性も追求しながら面白い作品をと創作意欲掻き立てられる日々が継続しています。?✨

引き続き これからもどうぞ良しなに。 ご機嫌好う。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。