Akiko Hori | Composer and Producer

F.A.Q.

講座に関するよくあるご質問にお応えします。

Akiko Hori Studio

A : 特別音楽講座回数券を発行しております。

まず受講者の方には講座を受ける前に以下の3種類のいずれかの回数券をご購入して頂きます。

どの講座を受けて頂いても一律価格 ですので全講座にご使用頂ける共通回数券です。

使用期限はありません。

【3コマ回数券】

(1コマ = 60分 = ¥ 9,000)x 3コマ)= ¥ 27,000

トータルで180分(60分 x 3時間)の受講時間を消化して頂ける回数券です。

【5コマ回数券】

1コマ = 60分 = 9,000

9,000 x 5コマ=¥45,000のところを回数券割引価格¥40,000でご提供。

【10コマ回数券】

1コマ = 60分 = 9,000

9,000 x 10コマ=¥90,000のところを回数券割引価格¥80,000でご提供。

A :無料通話ソフト Zoomを使って行います。

初回のみ、Zoomアカウントの開設が必要となります。

レッスンのお申し込み前までに

Zoomのアカウントの作成をして下さい。

(Zoomのアカウント作成の仕方やご質問はお問い合わせフォームへ。)

     ご用意して頂きたい物は、次の3点です。

▶︎ DAWソフト·Logic pro x がインストールされたパソコン

▶︎ インターネット回線

 ▶︎ 通話可能なマイク = パソコン内臓のマイク。USBマイク。オーディオイオインターフェースに接続したマイクのいずれかをご用意下さい。

A :  興味深く楽しく音楽時間を繰り広げるをモットーにご提供する音楽講座です。

これまでにAkiko Hori がリリースした音楽作品のような

ネオクラシック音楽を作ってみたい方を対象としています。

その他、音楽全般のアドバイスがほしい時にはメンタリング講座も設けております。

講師の音楽キャリアと経験で培った情報や知識を基にカウンセリング致します。

A : 大丈夫です。

講師である私自身も音楽制作者としてキャリアをスタートしたのではなく、元々はアコースティックピアノをずっと弾いてきて演奏家として音楽に長い時間携わってきました。

音楽制作し始めた時のことを思い出すと、はじめの一歩を踏みだす時の勇気がよみがえります。

ですからご質問者さまの心情がとてもリアルに伝わってきます。

まず用意するもの、どんな機材が必要か?から始まりその使い方を一つ一つ順を

追って理解していく講座の時間から始めます。

毎回確実にDAWを理解しながら一歩一歩レッスンを進めていきましょう。

A :Digital Audio Workstationの略。コンピューターを使った音楽制作ではこのDAWが欠かせない存在と言えます。言い換えれば、現代の音楽制作ではDAWが必須と言えます。これさえあれば、コンピューター1台で楽曲を作り上げる事が可能です。私の音楽作品もこのDAWを使って作曲しています。

楽器のレコーディングと編集、仕上げのミックスまで、あらゆる作業ができるソフトがDAWです。DAWでは“プラグイン”と呼ばれるソフトウェアの音源や音を加工するエフェクトが備わっています。それらを使って楽曲を作っていきます。

A : DAWごとに動作環境が異なります。DAWによっては使えるOS(Mac/Windows/Linux)が限られているものもあります。現在、この講座では使用するDAWをApple社のLogic Pro Xに限定してレッスンを行っています。

また、曲作りが複雑になってくると大量の録音データを扱ったり、ソフトウェアの音源やエフェクトを追加することもあるのでパソコンのスペックが高い物を選ぶことをお勧めします。今後コンピューターをご購入検討中であれば、Apple社のMACはインテルではなくAppleシリコン仕様のコンピューターを推奨します。

A : 最近の日本国内、メディアでもDTMという言葉をよく耳にする時代となりました。

しかしそもそも日本国内ではコンピューターを使って音楽を作ることを一般的にDTMと

呼びますがこれは国内仕様に限った言い回しということはまず念頭に置いて下さい。

正しくはDAWです。

DTMを略したDesk top musicは和製英語でありネイティブにとっては

意味つじつまの合わない ” ?” な言葉です。

海外では一般的な共通用語としてDAWが圧倒的に多く使われています。

DAWは作曲ソフトの名前なのではないかという異論が出るかもしれませんが、

それも含めて海外ではDAW = Digital Audio Workstationはコンピューター上で

音楽をする上でもっと総合的に広く使われる意味として扱われます。

現在イタリア•ミラノに拠点を置くINRI Classic レーベルアーティストとして

音楽作品をリリースしインターナショナル音楽マーケットで

作品の交渉や取引を英語でやり取りする時に実際に使うのはDAWです。

そんな理由からもご納得頂ければと思います。

A :アーティスト系の絶賛と支持を得ているApple社が作るソフトウエアということもあって

Logic pro x は常に進化の速度が速いことと

Apple社がMac愛用者に優先的に自社製品を使ってほしいという観点から

他社DAWと比べてとてもお手軽な価格でテクノロジーの門を叩くことができることがまず利点として挙げられます。

とっつきにくかったハードルを下げて間口を広げてくれたのが

このLogic pro x の出現だったと言えるのではないでしょうか?

そして、もう一つ付け加えるとすれば、自宅のベッドルーム兼スタジオでLogic pro x を使用して音楽制作したビリー・アイリッシュの作品が

2020年のグラミー賞に選ばれたということも大きな要因です。

世界が驚愕する出来事でしたよね。

そんな快挙を成し遂げたビリー・アイリッシュ。

ベッドルームプロデューサーは趣味ではなく職業として成り立つという

可能性を広げてくれた第一人者とも言えます。

そんな革新的な要素が詰まったLogic pro x です。

A :  講師紹介ページに参照の通り、

ピアノ演奏者だったかつてのキャリアを含め現在作曲家として海外の音楽マーケットでビジネスに携わる様になって20年以上の月日が経っています。

この特別音楽講座では海外音楽業界にプレゼン・配信する方法やオンライン音楽ビジネスのキャリアデザインをサポートすることが可能です。

講師の経験など踏まえて他では聞けない役立つキャリアビジョンとそのアクションプランについて

ご提供させて頂きます。

メンタリング講座でご予約を承っております。

A:もちろん大歓迎です。Webショップで販売中のピアノソロ楽譜を使って補足説明をしながらピアノ読譜の講座を開催しています。

はい、ボイストレーニング講座を開いています。

講師、Akiko Horiが生み出したボイストレーニングメソッドには過去に弾き語り奏者として活躍した頃の経験が織り込まれています。

演奏者時代に長い期間の航海の演奏契約であると声の調子を維持できるかは大きな課題でした。特に豪華客船のピアノ弾き語り奏者時代には、一晩3〜4回のステージ(各40分、時に1時間)を毎晩こなしてそれが5ヶ月間ノンストップで続くということも普通にありました。喉にとっては過酷な環境だとしても幸いにも独自で開発した筋肉と骨の角度にフォーカスを置いたボイストレーニングメソッドを使うことによって喉を潰すことなくポリープもできることもなく毎晩休むことなく歌い続ける事ができました。

そんな講師の経験から生み出されたボイストレーニングメソッドをこの講座ではご提供します。

A :  可能です。

講師紹介ページにも記していますが音楽演奏家・ピアノ弾き語り奏者として海外のホテルや豪華客船で演奏し培ったキャリアから得た知識をご提供致します。

A :シンガポール、オーストラリア、マカオのホテルで滞在公演をした後、米国カーニバル社の豪華客船のゲストエンターテナーとしてピアニストをしていました。その頃にピアノで即興演奏しながら数え切れないくらいのオリジナルのフレーズやメロディーを生み出しました。それが現在DAWで作曲する上で新しい創造となってくれています。詳しくは講師紹介ページをご参照下さい。

お問い合わせメール